笠井英嗣の「75才の人生訓」

2017年12月31日

笠井英嗣の「75才の人生訓」

平成29年12月吉日
1、人をうらやむのはやめよう。人のまねはしないでおこう。
自分自身のオリジナルな人生を歩もう。
2、社会に自分なりの光を灯しましょう。
3、人は自分の仕事を通して、人間社会の一役を担っております。人間に上下はありません。職業にも上下はありません。全ての人間と全ての職業が人間社会に必要なのです。
4、自分が社会に役立つ道具となりましょう。
5、困難に出会った時には、逃げずに克服しよう。
困難を乗り越えることにより、人は成長します。
6、人生は修行です。自分自身の修行のために人生はあります。人生から多くを学んで悟りましょう。苦労して自分の人格を向上させましょう。
7、お金持ちになっても、人は幸せにはなれません。
幸せは、円満な人間関係と奉仕の精神から生まれます。
8、人を助け、人に奉仕をし、社会に貢献する。
このことが自他ともに幸せになれるのです。
9、大人になったら、自分以外の人と社会のお役に立ちましょう。大人になっても、自分1人のために生きている人は、社会から認められません。
10、信仰心は尊いです。神仏を敬い、神仏の大恩に感謝をして、神仏の御心に沿った生き方をしましょう。
11、清く正しく、誠の心で誠の道を汗を流して真直ぐ歩んで行きましょう。
12、家族への責任と社会への責任を立派に果たして迎える死は、自分の人生の卒業式です。喜びとして迎え入れましょう。
13、生ある限り、希望の灯をともし続けましょう。
完 


heiwamessage at 12:41|Permalink