笠井英嗣の信心の修行

2009年02月25日

笠井英嗣の「信心の修行」

1.jpg
一.カンボジアとベトナム2700K修行の一人旅
  (ヒンズー教と仏教の聖地である世界遺産のアンコール遺跡群とキリスト教会、
  仏教寺院を参拝する。
   平成24年4月真夏のカンボジアとベトナム38度を体験)
(一)カンボジアでの参拝地
   アンコールワット、アンコールトム、バイヨン寺院、タケウ、タプローム、バンテアイスレイ、バンテアイサムレ、プリアカーン、ニャツクポアン、東メボン、ロリョオス等々
(二)ベトナムでの参拝地
   サイゴン大教会、一柱寺、玉山祠等々
一.インド2000K修行の一人旅(仏教の発祥地のインドを訪問、
  平成18年5月真夏のインド、43度を体験)
(一)お釈迦様が悟りを開かれたその場所であるブツタガヤの「金剛宝座」へ参拝する
(二) お釈迦様が祭られた寺院へ参拝する
(三)ヒンズー教の寺院へ参拝する
(四)ヒンズー教の聖なる河、ガンジス河で沐浴する
(五)ノーベル平和賞の受賞者である、故マザー・テレサ様が開かれた
   「神の愛の宣教者会」の本部(マザーハウス)を訪問、午前6時からの
   早朝ミサ(ホーリーマス)に参加する。
   マザーのお墓へ参拝する。
   死を待つ人の家(カリガード)を訪問、寄付する。
一.伊勢神宮、外宮、内宮、別宮、合わせて15社へ参拝する(毎月1回、年12回参拝)
一.伊勢市内、桜木地蔵尊様へ参拝する(毎月2回、年24回参拝)
   寒行4日間、盆行4日間も実践する。
一.伊勢市内、松尾観音寺へ参拝する(毎月1回、年12回参拝)
一.高野山、奥の院の弘法大師様へ参拝する(毎年1~2回参拝)
一.高野山、一乗院へ参拝する(毎年1回参拝)
一.比叡山延暦寺の薬師如来様へ参拝する(毎年1~2回参拝)
一.吉野、金峯山寺の金剛蔵王大権現様へ参拝する(毎年1~2回参拝)
一.北九州小倉、神理教本院へ参拝する(毎年1回参拝)
一.教祖、出居清太郎先生が開かれた「修養団捧誠会」本部主催の
  全国おみな浄会へ参拝する(毎年1回)
一.桜木地蔵尊様の御指導の基で、行者となって、全国の神社仏閣へ毎月2ヶ所参拝する。
  参拝した神社、仏閣の御祭神様、御本尊様からのメッセージを、宮司様、住職様に
  伝える役目を果たす。
一.神仏へ人々を取り継ぐ事、及、神仏のみ教えを学ぶ勉強会の講師、いずれも無料で奉仕する。


「信心」をする人が「心がけたい事」「実行したい事」
私達は、神仏へお参りする時、手を合わせて一心にご守護と
お願い事を神仏にお頼みいたしますが、大切な事は私達自身が
下記の事に気付いて毎日心がけて実行しているかどうかが
「原因結果」につながるのでとても大切な事なのです。

一.神仏の大恩に感謝をしているか
一.神仏の御心に沿った生き方をしているか
一.毎日、反省を繰り返して、自分自身を磨いているか。
   人格を向上させているか、毎日進歩しているか
一.家庭と社会における自分の責任と役割を立派に果たしているか
一.人の和が尊い、人間関係を円満にしているか
一.人生を修行と悟り、人生から多くを学んでいるか
一.自己中心、我執貧欲ではありませんか
一.奉仕の精神を持っているか

heiwamessage at 11:24|Permalink