人類への警鐘

2010年02月10日

人類への警鐘(1)

人間は、天地自然の恩恵を、いっぱい身に受けて、この地球上に、生かされています。
この天地自然の恩恵に感謝を忘れてしまい、人間生活の営みが原因で、自然体系の
バランスを、どんどん破壊して行けば、やがて、人類は先で滅びることになるのです。
人類は、早く悟らなければなりません、もう遅いぐらいなのです。
人間は、現在、地球上で、とても驕った生き方をしています。
快適な生活を追い求め、快楽さを追い求めるあまり、地球上の自然体系のバランスを、
どんどん破壊しています。
地球上で共に生きる、われわれ人類の仲間である動物、植物、その他あらゆる生物の
生きて行く環境まで、破壊していて、かなりの数の生物を絶滅させています。
これは、とても悲しい出来事です。
そして、もうすでに、これまで人間の手で、自然体系のバランスを破壊して来た事が
「原因」で、地球の温暖化が進んで、大雨、大洪水、、等・・・、自然の怒りが、
世界各国で「結果」として現れて来ています。
又、人間の心(人心)も、ますます悪化して来ています。
感謝の心を忘れ、おもいやり、やさしさ、協調する心を忘れて、自己中心、
欲望の増大で、人と人とが争い、国と国とが争っております。
これは人類にとってとても悲しい出来事です。
人間は、神仏が創造されて、神仏が今も守っておられる天地自然の恩恵をいっぱい
身に受けて、天地自然のふところに抱かれてこの地球上に生かされているのです。
このまま、人心がますます悪化して行き、自然体系のバランスをどんどん破壊して
行けば、バランスが完全に壊れて、今度は、われわれ人類が滅びる事になるのです。
世界の人々が早くこの事を悟って、人類の英知を結集して、
早く手を打たなければなりません。


heiwamessage at 11:34|Permalink